シューズレビューが出来る理由

最近のシューズは面白いよね?

昔のシューズって別に安いからという理由でアシックスかミズノを選択するくらいの情報量しかなかったんだけど、最近は細かなパーツや物理的テクノロジーで非常に面白いな!って感じることが多いです。

ただよ?ただ、ミズノさんさ〜

なんでウエーブスペーサー無くすのよ!?

あれは名器よ?復刻版とかださんのかね?wっと思う方が多い気がする。

 

いや〜暗い暗いw

実は自宅で内緒で撮影していたからトーンもなにもダメすぎた割に再生されて恥ずかしいシューズレビューの処女作。どうしても静かに撮影しないといけなかったからこうしてダメなレビューになってるんだけどさ

こんなが7万回も再生されるほどこの時はランニングユーチューバーいなかったわけよw

当時は、ZAWAさんとTKDの2組くらいかな。僕は3番目・4番目って感じです。

今でこそ星の数ほどいそうなこの業界でも一応パイオニア的な存在でいられるのもこうしたプロダクトを話ができることやトレーナーとしての経験と知識を生かしたHOW TOが皆さんの力になった部分は大きかったかもしれないですね。

まあ、関心のある動画を作る一方で皆さんにとってメリットや関心の低い動画も多分に作っていますけどね

1.シューズを語るために経験したこと

僕は24歳で某シューズメーカーの販促部隊に業務委託契約で仕事に関わり、25歳で現場ベースでとあるランニングステーションのスタッフしていました。24歳から販促部隊で得たプロダクト知識や販促の経験、イベント講師やプロダクト研修講師などの業務経験があり、ランニングステーションでも教育面やテクニカルスタッフという立ち位置で仕事をさせてもらう機会がありました。

その経験からシューズにまつわることで下記のことができます

  • シューズプロダクトに関する説明と講義
  • シューズ販促スタッフ(技術的なフォローあり)
  • 販促に関わるイベント事業

実際、この時の経験は現在のトーク技術を作っていく基礎になった部分でもあり、多くの方を接客しづつけて、ランニングの悩みや取り組みを聞いて、最適なシューズを提案することに嬉しさと誇りがあり、なによりそのイベントの大部分を僕自身が形にしていることが自信へとつながりました。

店舗スタッフへのプロダクトの研修はその店舗イベント前に行うこともあり、人前でしゃべるのが苦手だった私はここで少しづつ人とコミュニケーションすることに慣れて好きになっていくことになります。

実際店舗スタッフの力を借りながらでしたが2日間で130足を販売する実績もありました。

自分の経験を仕事に活かせて幸せだなと思う反面で、特定のシューズ提案しかできないことや、そもそも体の構造や知識技術に力不足を感じる一面もあり、歯痒く感じていたのも事実です。

結果はそれほど悪くなかったのですが外資系の壁といいますか、実績を文書化して適切なプレゼンテーションができることが叶わずあっさりと首を切られてしまったことがすごく残念でした。

しかし、その後関わるランニングステーションでは現場ベースで直にランナーとコミュニケーションする機会があり、よりコーチとして勉強をしたいという思いがあり、時間がない中で民間のトレーナー育成学校に同時に通う生活を開始したのです。

2.見たらわかる

そうした経験からシューズプロダクトへの強い関心と興味があり、大体のシューズは触ったり見たり、少し履けばそのプロダクトやパーツの意図を理解できるようになりました。

ひと昔では代わり映えしないプロダクトも、今の新常識や新機能というのは語りがいがあるというか本当に面白いなと思います。反面古き良きをひきづった考えもなくもないのですが、人の体は万能ではないし、シューズもまた万能ではないという点でそうした問題点を合わせてシューズ機能が語れるのも「トレーナー」として活動してきた経験知識もあります。

3.ジレンマ

一方で僕の足はある種正常ではないです。

  • 足幅が広い
  • 足首関節のアライメントが悪い
  • 速くない?

など、昨今の多様性あるシューズを語るにはあまりにも自分の足が標準的ではないことが皆さんにとって有意義なレビューをできていないんじゃないかと思うこともあります。また、購入したものをレビューするというのはコスト的な問題で頻繁できないという問題もあります。

ニーズを満たしたい。

そう思うのですがさまざまな課題から僕にその環境や関係がないのが歯痒く、もっと適切にメーカーさんと取り組みをしてくればよかったと強く後悔もあります。

できればこれからの機会でそうしたチャンスがあれば皆さんのためにできることをイメージして自分らしく物事伝えていきたいと思っています。


そんな私がお勧めする万能シューズであるこちら
定価は2万円越えということで、お値段も7割とお買い得。それでも高い!と思う方多くいらっしゃると思うんですがコスパはまじで保証します。初心者層からのレベルアップシューズ〜エリートの練習モデルまで高い反発性と適切なクッション感であなたのパフォーマンスを支えます。
少しタイト目なフィットでずれにくく、クイックな動作にも対応できます。ぜひ一度ご検討ください。

シューズレビューが出来る理由”へ2件のコメント

  1. 木田康太 より:

    初めまして。
    いつもTwitter、YouTube等楽しく拝見させて頂いております。
    ランニング、ランニングシューズ大好きな、たぶんたなーさんと同い年のものです。

    ランニングシューズは、実際履いて走ってみないと分からないので、興味があって購入したものの、自分にはイマイチ好きではないミッドソールの感触であったため2~3回走って全然履いていないシューズが2足あります。

    置いておいても今後履く気になりそうもないし、売るぐらいならたなーさんに提供し、シューズレビュー動画等で有効活用して頂ければと思い、メールさせて頂きました。

    ちなみにシューズは、サッカニーのエンドルフィンプロとエンドルフィンスピードです。
    もしよろしければ一度ご検討ください。

    よろしくお願い致します。

    1. runtaner より:

      コメントありがとうございます
      ちょっとここはあれなんで個別にDMくださると幸いです〜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です