代表である田中康二こと”たなー”の専門競技は「ランニング」です。皆さんは走るという健全であればだれでも出来る基本動作をどう思いますか?できれば走りたくない、大変そうだし辛そう。そんな印象が多くあるのではないでしょうか?確かに走るという行為の途中楽しさを感じることは少ないかもしれませんが、最後に得た結果は本当に言葉にできないものがあります。そして自分がもし10km走れたら動ける幅と可能性が広がり行動意欲と好奇心、なによりも健康になれそうですね。
中にはすでに走ってるし大した距離ではないと感じる方もいるでしょう。でも、もし海を泳げたら、音楽が楽しめたら、ダンスができたら、多言語話せたら。可能性はより広がり、自身の人生は豊かになるに違いないです。私自身20カ国を超える国の価値観と多くのマラソン経験やその場で未だ経験したことない文化に触れることで自分の取り組んでいる可能性の広がりに強く期待を抱きました。
私は皆さんに速くて素晴らしい記録ばかりを求めない。その手段を通じて自身のライフワークに如何に活かすのか?輝かせるのか?チャレンジするのか?想像して欲しい。その好奇心や行動力の原動力はなんですか?
まず皆さんには健康でいて欲しい。そして抱く目標や夢を実現するための体力を継続するワークアウトを一緒に取り組んでみませんか?

名前 田中康二(たなかこうじ)
専門競技 陸上競技長距離・マラソン(小学2年生から継続)
専門指導 フィットネストレーニング指導・ランニングコーチング
好きなこと 食べること・料理・ガチめ旅(47都道府県+20カ国制覇)
嫌いなこと 忖度
経験した事

良:3年でyoutube4万人登録越・660人規模のマラソン大会運営・47都道府県イベント実施

悪:箱根駅伝未遂・就職浪人・ホームレス・トレーニングジム経営と撤退